2017年1月29日 (日)

金沢八景まで日曜日の早朝散歩・・・イシモチ釣りのエピローグ

さて、、、、、日曜日になりました。
昨日の「新ワカメ購入」兼「イシモチ釣り」の第二弾です。Dscf4055_r

昨晩は、「ワカメとイシモチのしゃぶしゃぶ」を堪能して、酒も進みましたbottleDscf4059_rワカメの色が鮮やかな緑に変化するのを見るのが好きなんです。
コシがある感触も最高ですfull

しかし、船宿に忘れたデジカメを引き取りに行かねばなりません、、、weep
 (そんな訳で、この記事の写真は釣りカメラとは別カメラで撮影です)

日曜日の早朝散策のつもりで、朝4時半に自宅を出発dash
散策ですから車は使わず、電車&徒歩ですtrain
京浜東北線に行得られて、横浜駅で京浜急行線に乗り換え、、、Dscf4061_r品川駅乗換えと時間が同じだったので、横浜駅までまったり乗ってました

電車の中では、クーラーとロッドケースを持った長靴姿の型がチラホラlovely
程なく、金沢八景駅到着。
10年以上前は、電車釣行でよく降りたんですが、、本当に久々です。Dscf4065_r駅周辺は工事中みたいですね

相変わらず、休日6時過ぎの金沢八景駅前の横断歩道は釣り人が目立ちます。Dscf4067_r電車釣行もいいかな、、、なんて思いました。

そこから、新健丸さんまでは、シーサイドラインを使わず、、、
、、、釣船屋さんを眺めながら、15分ほど歩くことにしましたrun

まだ薄暗かったので写りは悪いですが、、、最初の船宿は、、、Dscf4069_r_2
昔はよく通いました、、、初めての船釣りはこちらの宿でした。Dscf4070_r外から覗いたら、女将さんは元気そうでしたheart04Dscf4071_r相変わらず、賑わっていますねfull

それからも、船宿は続きます。Dscf4072_rDscf4075_rDscf4076_rDscf4077_r
そして、日の出前の、帰帆橋からの平潟湾の全景Dscf4080_rシーサイドラインが出来て、新旧混合って感じですね。

そして、目的地の新健丸が見えてきました。Dscf4081_r今日も慌ただしく、出港準備をしていましたsmile

宿に到着して、受付場所で女将さんから、デジカメを受け取り、、、camera
大船長も登場して、「誰のカメラかと思ったよ」、、なんて言われ、恐縮しましたcoldsweats01
昨晩のワカメ堪能のお礼も伝えると、「一袋買っていく?!」なんて言われ、、、impact
さすがに遠慮しておきましたsmile

さて、、、、散策なので、少し趣向を変えて帰宅しようと、シーサイドライン経由で帰ることにしましたpunch
徒歩2分の野島公園駅へ、、Dscf4090_r近くて便利です(エレベータ完備)

電車を待つ間に、高台になっている駅ホームから周囲を観察Dscf4088_r野島公園越しに朝日が上がります(手前下は、釣りバカ撮影で有名な船宿)

今回ご迷惑かけた新健丸さんも、ここから見ると風景が違います。Dscf4091_r

そして、、シーサイドラインの電車が入ってきましたheart01

Dscf4095_r初体験です、、乗客は3人/車両ぐらいでしたempty

高架電車なので、色々な風景が楽しめます。Dscf4097_r昨日見た大型クレーンもこのように見えるんですね。

程なく、新杉田駅に到着Dscf4099_r雰囲気の良い電車でしたgood

そして、再びJR京浜東北線に乗り、車内で昨日の釣行報告をアップ
9時前には帰宅していました、、、本当に早朝散策でしたconfident

今日はこれから大量にした処理したイシモチで、「薩摩揚げ」を作るつもり、、、
昼飯は「メカブ丼」にしようかな、、、

色々な意味で、週末2日間を楽しませてくれたイシモチ釣行でした。。。smile
失礼しました。

「新ワカメ購入」のついでに「イシモチ釣り」、、、プロローグ

大寒の頃、寒さが本格化してきましたsign04
しかし、待ちに待った「生ワカメ発売開始」の釣宿情報が届きましたscissors
早速、週末の土曜日に「新ワカメ購入」のついでに「イシモチ釣り」に行ってきました。
 (ワカメ購入が主目的です・・・・full

お邪魔したのは、昨年もお世話になった「金沢八景:新健丸」さん。Dscf21605時半に到着したら、遠方からの常連様がいらしてました。

一年ぶりですが、雰囲気の良い待合所は、朝一番から気分が良いです。Dscf2155_2
前回お邪魔したのが春先でしたので、その後に新造船が就航して2隻体制です。
立派な新造船のほうで、若船長の操船でイシモチ釣りを楽しみます。Dscf2161もう一隻は大船長の操船で、今シーズン最初のカサゴ釣りでした

今日の釣り座は、左舷艫です。
いつものように小型電動リールで、楽しちゃいますcoldsweats01Dscf2178水深50mぐらいあったので、正解だったかな

さて、、、今回の主目的は「新ワカメの購入」ですheart02
前日の乗船予約の電話の時にも、大船長から「明日、出船前に採りに行くから大丈夫!」と確認済み。
確かに、出船前の6時半頃、大船長が小型ボートでワカメ採りに向かいましたdash
その後、20分ほどで大型籠2個分のワカメをとってきてくれました。Dscf2165大船長はしっかりポーズをとってくれましたscissors

早速、親子船長の息の合ったコンビネーションで陸揚げ。Dscf2168この光景を見て、ほとんど全ての乗船客が予約したみたいでした。

さてさて、、、今日の主目的を終えて、第二目的の「イシモチ釣り」に出航shipDscf2176遠くに富士山もきれいに見えますfuji

ポイントは猿島沖。思ったより、風があり、海もぽちゃぽちゃ状態weepDscf2182艫座で、陽があたるのが救いでした

第一投目から、本命GetlovelyDscf2183でも20cmクラスのチビイシモチでしたweep

この後も、ポツリポツリと釣れますが、サイスが寂しい。
遠くに富士山を望みながら、「型が寂しですね・・」なんてお隣さんと声を掛けながらDscf2179終日快晴でしたけど、、寒いcrying

先方は何回もポイント移動を繰り返してくれながら、、、、
流しが根回りにかかると、こんなゲストも、、、sign03Dscf2187船中ではカサゴのほかに、アナゴ・ホウボウ・真鯛などがあがったようでした。

小型クーラーのなかも賑やかになってきましたupDscf2191帰宅後の処理が怖いですtyphoon

そんな訳で、吉例を、、、、Dscf2189
昼前の潮止まり前に、30cm程度の型の良いのが上がりましたlovelyDscf2188当日の28匹釣果の内、このサイズは5匹程度でした

今回はショート船なので、12時半過ぎに沖上がりend
見慣れた風景の中を、帰港します。

Dscf2195
程なく、15名ほどの乗船客の皆様と、無事帰港・・・
後片付けをし、道具を車に積み込むと、、、「あったかい味噌汁がありますよ!」という女将さんからお声が、、happy01
これは、嬉しい!!!
早速、片付け終えたバッグの中からデジカメ取り出し、待合所に向かいますcamera
本当に、美味しくて冷えた体に優しい、ワカメのお味噌汁でしたspa
 (ワカメのキンピラ?みたいなお茶請けも絶品)Dscf2197しかし!!、この写真1枚が今回釣行のドラマの序章とは気が付きませんでした、、、、 

帰路は都内も順調で、「ショート船は楽だね」なんて考えながら、帰宅rvcar
早速、魚の処理をしなければ、、、「その前に獲物の写真を撮っておこう」、、
、、、と思ったら、デジカメが見当たらないsign02
道具バックも、車も見たけど、、、「あっ! 味噌汁写真を撮ったとき、待合所のテーブルに置き忘れた!」sweat02
早速、電話をすると、大船長が「デジカメ忘れたでしょ!」と話を聞く前から一言mobilephone
「スイマセン、明日(日曜日)に引き取りに行きます・・・汗」とお詫びして、一安心heart01

そんな訳で、今回の釣行には続編があります。

第一章はオシマイ
失礼しました。

2017年1月 8日 (日)

【初釣り】”数”苦戦なれど、”型”と”魚種”に満足

改めまして、本年も宜しくお願い致しますfuji
初釣りとして、「ヤンさん」と片貝:洋一丸からハナダイ(リベンジ?)に出撃しました。
先月に大撃沈してから、どの船もハナダイ状況好転しない感じでしたが、リベンジを先延ばしするのも嫌なので・・

当日はヤンさんが前夜より前乗りして頂いて、右舷艫側をキープしてくれました。
 (遠慮せず、一番艫を頂戴しました・・・感謝coldsweats01
私はといえば、当日4時過ぎに”現着”rvcarDscf2132先月と同じような状況ですsign04

ヤンさんと合流、到着した船長・親父船長にも新年のご挨拶。
程無く、常連の皆様を中心に、お客総員8名で出航ship
ポイント到着して、先月のトラウマ(不安・懸念)とともに第一投!・・・空振りdown
船中ポツ・・ポツ・・の中、最初のアタリはsign03Dscf2139お馬さんでした、、、大事にキープ

夜が明けてきましたが、とにかく寒いweepDscf2137

それでもコマセを振り続けていると、タイ族特有の引きがimpact
今年の初本命Getscissors

Dscf2140ちょぅとヤバい感じでしたが、抜き上げちゃいましたsweat01

その後、ポツポツと追加しますが、爆釣には結びつかず、、、
船長はポイントをこまめに移動してくれます。
そんな中、またアタリがsign01
アリャsign02 ハナダイじゃないsign02 ウマでもないsign02
慎重に上げてくると、デカアジでしたgoodDscf2142以前はしばしばアジが混じったのですが、最近はご無沙汰、、、久々に嬉しい外道

アタリは渋いながら、クーラーの中は型の良い魚達が賑やかになりました。Dscf2146

そんな訳で、初釣りの吉例fullDscf2145今回は酉年を意識してみました

12時前に沖上がり。Dscf2148帰港時はアッパーデッキで眩しい日差しを感じましたsun

帰港後はいつもの通り、ラーメンnoodleで体を温めて、帰路につきました。Dscf2149
今回は数は寂しかったですが、サイズと魚種に満足しました。Dscf2153Dscf2151


ヤンさん : 初めてご案内した洋一丸でしたが、ちょっと貧果で申し訳なかったです

本年も宜しくお願いしますgood

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年

あけましておめでとうございますfuji
年末からの穏やかな天候のまま元日の朝を迎えられました。Dscf2131本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は後半に腰痛を再発して、釣行頻度が急減してしまいまいました。
結果として、、、、11回に留まりました。
 洋一丸さん:3回
 洋征丸さん:2回
 中山丸さん:2回
 新健丸さん:1回
 大萬丸さん:1回
 ミナミ丸さん:1回(初めてお世話になりました) 
 横内丸さん1回
大変お世話になりました。

今年は、体調と相談しながら、もう少し出撃回数を増やそうと思います。
宜しくお付き合いください。

2016年12月27日 (火)

2016年の釣納め? 洋征丸にお邪魔しました

クリスマスも終わり、世間はお正月モードですねfuji
3連休明けの月曜日もお休みを頂き、釣納めに「小坪:洋征丸」に出撃しました。
(洋征丸といえば、以前は毎月のようにお邪魔していたのに、今年は2回目)

当日は少し寝過ごしましたが、都内を南下して、6時前に到着rvcarDscf2106_r平日なので、片舷左6名ほどでノンビリ・・・

程なく、女将さんが到着して乗船・支度開始upDscf2108_r今回は右舷のミヨシ寄りでした。

サービスのカップ麺を食べながら、ノンビリ支度を進めてますnoodleDscf2113_rお客様が揃うと、定刻よりやや早く、出航ship

港を出た船は、いつもと違って、西方に進みます。
船長からのアナウンスで、「最初は鎌倉沖を狙います、すぐに投入できる準備を、、、」とのことDscf2115_r右手に江の島が見えます
当日はドンヨリしていて、終日、富士山は見えませんでした

鎌倉沖のポイント到着して、第一投good
早速、アタリが来て、南蛮漬けサイズがトリプルで、、、Dscf2118_r_3洋征丸にしては、物足りないサイズですが、「泳がせ釣りの餌の確保」も目的だったみたい。

とりあえず小型サイズ(東京湾LTアジなら中型か?)でツヌケしたので、、、Dscf2119_r後半戦に備えて、ペースダウン

その後、秋谷沖の様子を見て、、、城ケ島沖へ、、
期待を込めて仕掛けを投入すると、期待通りの手応えが、、、sign03Dscf2120_r良かったです、、、

朝方は少し寒かったですが、薄日が差してくるとポカポカDscf2121_rお客さんも少なく、ノンビリ気分です

水深、100m弱のポイントで、追い食いを狙うのですが、、、
、、、、しっかり掛かっていないと、巻き上げ途中でポロリ・ポロリweepDscf2122_rそれでも2時前には良型サイズを中心にクーラーは満たされていきます

大中小サイズ取り混ぜて、40匹になったところで、少し早く片づけを始めました。
お正月を前に、我が家の冷蔵庫のスペース制約もありますし、、、coldsweats02Dscf2123_r当日はご同志の皆さんもノンビリモードで、早めに片づけ

満足な気分で帰港しましたfullDscf2124_r今年は2回しか訪問できなかったけど、春には真鯛も釣らせてもらいました
来年はもう少し訪問したいです、、、高木船長ありがとうございましたheart01

帰路、実家の母親にお歳暮代わりの「お裾分けアジ」を置いてから帰宅。
今回の釣果は、大中小のサイズがあるので、色々な料理に化けそうですDscf2129_r19~37cmで40匹でした

たぶん今年の最終釣行になる筈です、、、大晦日まで判りませんけどcoldsweats01
今年後半に腰痛を再発させて、釣行ペースが激減しましたが、来年もノンビリやっていこうと思います。
また宜しくお願いします。

2016年12月18日 (日)

4か月ぶりの出撃は準備不足のハナダイ

皆さんご無沙汰しています、、、まだ生きていますhappy01
昨年と同じように、真夏から腰痛を発症し、歩行すら困難な状態が続いていましたangry
医師の指導に従い、ストレッチなどを繰り返していると、、、、
、、またまた昨年と同じように、寒さを感じる晩秋の頃には、症状が相当に和らぎましたheart02
 (普通は寒くなると症状が出るのでしょうが、昨年と全く同じパターンです)
そんな訳で、8月上旬の”常磐フグ”から出撃OFF状態でした。

そんな日々を過ごしていたら、季節は冬に突入してしまい、ちょっと躊躇モードhappy02
ですが、、、金曜日夕方に「このまま年越しは避けねば!」との想いで予約の電話phoneto
4か月ぶりの出撃は、片貝:洋一丸にお世話になりました
帰宅後、慌てて出撃の支度をします(これが今回の大失敗crying)。

翌朝は3時前に出発。
気温は3℃、、、この冬一番の冷え込みだそうでした、、sign04
走り慣れた道を、九十九里へ向かいますrvcar
 (九十九里有料が工事中なのも知りませんでしたcoldsweats01
4時過ぎに到着。Dscf2096_r_2なんと氷点下でしたsnow

程なく、船長・親父船長が到着し、定刻の5時半に出航ship
キャビンで寒さに耐えているうちにポイント到着。
寒さにエサ付けする指先も思うように動きませんweepDscf2098_r_3程なく夜が明けてきましたfuji

久々に釣り具を出して来たら、リールの液晶表示に曇りが、、、ban
仕掛けの予備を忘れた、、、、ban
その上、デジカメのバッテリの残量が無いsign03Dscf2099_r_2それでも、一応、釣りになります、、、

コマセを振り出すも、アタリ無し、、、、の時間が続きます。
天気は快晴、そして凪、、、でも寒いbearingDscf2104_r_2遠望に富士山も見えます(うっすらと見えるかな?)

船中ポツリポツリと見始めました。
そんな中、自分にも、、、、scissorsDscf2102_r_2サイズは良かったです

でも、、、もうデジカメのバッテリーが無いsign03Dscf2103_r_2慌てて、吉例写真を映しましたcoldsweats02

---以降、写真がありません---

船長がポイントと移動してくれますが、「魚が口を使わない」状態down
当日は、8名くらいの皆様がいたようですが、、、
       、、、、ツヌケ前後が多かったようです。
自分は2枚を追加して、3匹でのスソだと思いますweep

凪なのですが、久々の海上生活で”軽い船酔い状態”
腰痛は悪化しないのですが、やはり船の揺れに体が慣れていきませんpout
 (船釣り体質が退化したか? と思いました)

12時前に沖上がり、、、その頃はポカポカ状態sun
そして、船長宅での恒例ラーメンで、さらにポカポカnoodle
帰路もポカポカで、眠気と戦いながら、、帰宅lovely

久々の釣行は準備不足でしたが、満足しましたfull
腰痛のリハビリはほぼ終わりましたが、次は釣行体質へのリハビリが必要そうです。
 (翌朝の今朝は、経験したことの無いような筋肉痛ですdanger

また様子を見ながらボチボチやっていくので、お付き合い下さい。
失礼しました。

 

2016年9月18日 (日)

寂しい閉店、そしてサプライズ!

このブログでも何回か登場している「居酒屋R」が閉店しましたsign03

2週間ほど前にメールが届きました、、、mailto
、、、いつもの入荷情報かと思ったら、閉店のお知らせでしたcrying
6年前の開店直後から足繁く通わせて頂いたので、残念な情報でした。

マスターもお店以外にも多忙を極めていたので、何となく予想していましたが・・

3連休初日の土曜日が最終日ということで、まずは月曜日の夕方に訪問runImg_0276_rご夫婦で切り盛りし、佐渡直送の美味しい魚を食べさせてくれる、落ち着いたお店でした

いつもの日本酒と共に、「〆サバ」をお願いしました。Img_0297_rImg_0278_r殆ど刺身状態のサバは絶品です。

カウンターのいつもの席に座って、四方山話をしながら堪能します。
忙しくなり始めた中、「ヒラメの兜煮」をサービスしてもらっちゃいましたgoodImg_0279_r早い時間でしたが、閉店を聞きつけたお客様が次々と入店。
最終日までに家族で再訪することをお伝えして、お勘定をしてもらいました。

6年前に通勤経路に開店したお店が気になり、飛び込んでみたのが初対面でした。
釣り好きのマスターとの会話は、いつも楽しく、参考になりました。
そして紹介してもらった船宿は多くあります。
そこに行くことで、私の釣りの志向は大きく変わりました。
「日立久慈:D萬丸」,「那珂湊:O重丸」,「片貝:Y一丸」,「太東:U鷹丸」,「小湊:D栄丸」・・
・・・・どこも癒し系でしたship

さてさて、、、最終日の土曜日夕方になりました。
時々、家族連れでも行っていたので、奥方と愚息と3人で出かけましたlovelyImg_0277_r今春から就職した愚息は、火曜日に一人で立ち寄った由。
 (初月給を貰ったはずなのだが、親には何もプレゼントしない愚息ですが)

最終日は予約一杯で、家族3人でカウンタに陣取ります。
家族3人の好みを伝えて、刺身を盛り合わせてもらいました。Img_0299_rウマヅラ・〆サバ・アオリイカ・バイ貝、、、旨いscissors

お酒も旨いbottleImg_0296_r
家族で行くといろいろ食べられます。Img_0302_rアマダイ酒蒸しは絶品full

そして最後は、この店に初めて来たときに旨さに驚いた「アジフライ」sign03Img_0303_r6年前に感じた”驚きの美味”は変わりませんでした。

名残惜しい時間はアッと云う間に過ぎ、、、
、、、名残を惜しむお客さんで満員状態、、、ボチボチお暇ですが、、、
なんだか愚息が自分のカバンをゴソゴソしているsign02
お勘定を頼もうとしたら、、、愚息が「お勘定お願いします」だってsweat01

初月給ではありませんが、両親へのプレゼントを考えてたらしい、、present
素直にうれしいサプライズcoldsweats01
そんな気持ちで、3人で店を後にしましたImg_0281_r

日本酒と刺身を前にした至福の時間を懐かしむ寂しさと、、、
、、、いつの間にか成長した息子のサプライズ行動に感激した一日でした。

釣行記録でなく失礼しました。

2016年8月 2日 (火)

常磐夏フグは港解散か?!

毎年、8月第一週の平日にお邪魔している「日立久慈:大萬丸」のフグ釣りに行ってきました。
このシーズンは超人気で、平日にもかかわらず6月下旬に予約を入れました。
(一ヵ月以上も前ですから、釣果状況も天候も神頼みに近いものがあります)

当日は出港1時間半前に到着しましたが、、、
前日の天気予報通り「風速8m・波高2mウネリ伴う」の状況typhoonDscf2058毎年、釣果に恵まれなくても、天候には恵まれていたのに・・crying

程なく、船長と女将さんが到着。
船長から「今日の海は厳しいよ、、、本当に行きますか?!」の第一声sign04
その上、最近ポイントが福島県との県境に近いような「磯原沖」
港解散の雰囲気が漂う中で、2名のお客様がお帰りになりましたsweat02
残った8名に、船長から「行けるところまで、行ってみっか!?」の一言で、不安な出港shipDscf2063案の定、防波堤を出たとたん、厳しいクルージングを覚悟しました
本日は僚船も出港中止しており、この船だけでポイントを目指します

30分ほど北上したところで、船長が「あと一時間半だけど、本当に行く?」と一言。。。
。。。ここまで来て「戻ろう!」という人はいません:笑
結局、2時間かけて、ポイント到着。

Dscf2070船長、本当にお疲れ様

グラグラ揺れる船から、仕掛けを投入。Dscf2074今回はフグ竿をやめて、長めのカワハギ竿でウネリ対策にしました

船中でフグの顔を見始めて暫くすると、私にも当たりが、、scissorsDscf2075良型のフグをGet

-----揺れる船の中で、この後は暫く撮影中断-----

何回かポイントを変えながら、ポツリポツリ状態。
それでもチビフグは殆ど無く、大半が25cm以上の良型Dscf2083なんとか桶の表面は一杯になりましたcoldsweats01

徐々に波は落ち着いてきましたが、風は依然として強く、、dash
船長から、「僚船も無く、帰港も時間がかかるので、11時に上がりましょう」とアナウンスDscf2081正味3時間の釣りでしたが、この状態では止むを得ません

久慈港に向けて30kmを、ゆっくり南下
私はデッキ?でウトウトしながら、軽食を、、、Dscf2080なんんとかツヌケもできたことだし、まずは吉例

13時に女将さんが心配そうに待っている船着き場に到着
皆さんと一緒に、シラス丼の昼食を頂きましたheart04Dscf2087この船着場で食べる昼食が、私にとっての「夏の味」です

今日は船長にご苦労かけました。Dscf2090

そして、今度は2時間かけて帰宅rvcar
今年も「爆釣、早上がり」とは程遠かったですが、良型ばかり10匹Dscf2091期待していなかった白子も、8割もGet

船長にご苦労かけたにもかかわらず、逆に「茹シラス」のお土産まで頂きましたlovelyDscf2092

今年の夏も思い出深い「常磐フグ釣り」になりました。
***もう来年の予約も入っているんですって、、ビックリsign03***

2016年7月31日 (日)

7月最終金曜日の平日釣行('マダコとLTアジ)

梅雨明けの酷暑の中、平日釣行に行ってきました。
お邪魔したのは、金沢漁港の横内丸さん、、、「マダコとLTアジのリレー船」でした。Dscf2050集合時間の6時過ぎには、すでに酷暑の兆し

今年初めての麦藁帽子が登場sunDscf2051

左舷艫に釣り座を構えて、出港準備!Dscf2052マダコはミヨシ寄りが正解でしたが、ここはノンビリ重視で、、、coldsweats01

テンヤをお借りして、、、、7時過ぎに出向shipDscf2053片舷3名と超ノンビリモードです

川崎方面に走り、堤防沿いのポイントに近づくと、すでにお馴染みの船がいましたImg_0236_r真夏の空が広がりますsun

投入合図とともにテンヤを投入、小突き始めました。
しばらくポイント変えながら、小突きを繰り返すと、、、ズッシリとした重み!Img_0243_r帰宅後計量:700g弱の食べごろサイズでしたscissors

その後も、1kg弱と500gサイズを追加して、お昼にはマダコ終了。
トップの方は20匹もGet(私はスソでしたcrying
とりあえず本命を持ち帰れたことに、いつもの吉例?!?!Img_0248_r・・・・えぇ~、実はいつものコンビニのお赤飯が売り切れていたんですpout
これが貧課の原因かなweep

本牧方面にもどり、LTアジの開始です。
こんなお気軽な道具立てです。Img_0250_rマダコとLTアジの二本立ては手軽で良いと思います。

久々のLTアジに期待を込めて、コマセを振り出すと、さっそく、、Img_0252_r中型でコロコロした感じの食べごろサイズ

アジを15匹Getしたところで、暑さに負けて、早々に片付けに入りましたcoldsweats02
それにしても暑いannoyImg_0251_r梅雨明けしたとたんにこの暑さかよ!
(ちょっと体力落ちたかな:泣)

帰港に向けて走り出すと、良い風を感じます、、、、
帰港後に素麺を頂いて、真夏を感じました。Img_0254_r薬味たっぷりの素麺は、爽やかで夏場に最高ですねfull

女将さんにお礼を言って帰ろうとすると、、、
、、、船長と娘さん2人が「夜メバル船」向けて、船内の片づけをしていました。Img_0253_rそういえば、夏休みなんですね、、、heart04

平日の為に、帰路は大渋滞sweat01
途中でアジのお裾分けなどしながら、2時間半かけて帰宅しましたsweat01

Dscf2055本当に食べごろサイズもアジでした

Dscf2056ちょっとグロイですが、一応本命を持ち帰りました。

久々の平日釣行は、暑さとの戦いでしたが、充分なオカズになりましたbottle

2016年6月 5日 (日)

平日釣行のリレー船は、、、寒く・強風でした

金曜日に休暇をとりましたが、前夜に野暮用が入り、早朝出撃は断念coldsweats01
そんな訳で、またまた「キス&アナゴのリレー船」に行ってみました。
お邪魔したのは、前回と同じ「川崎:中山丸さん」Dscf2012当日は午前船の出航無かったらしく、親方船長と兄弟若船長の3名でお出迎え

出航1時間前になっても、お客様はポツリポツリ。
左舷のミヨシ寄りに釣座を決めました。Dscf2019最終的には7名のお客様でした。
別船の仕立リレー船は15名ぐらいの大盛況でした。

支度をする前に、まずは腹ごしらえriceballDscf2017久々の大盛牛丼、、、smile

キスとアナゴの道具立てを準備しましたが、、、、Dscf2022結局、、、細ライン(PE0.8)のリールを付けたアナゴ竿で終日通しました。

爽やかな初夏の日差しを受けて、親方船長の操船で、予定通り14時に出航shipDscf2023ここまでが当日の穏やかな時間でしたsweat01

京浜運河を過ぎたあたりから強烈な南風で、キャビンに逃げ込んでもジェットコースター状態wave
釣りをする前から、腰痛が出始めましたweepDscf2029なんとか富津沖に到着しましたが、ポチャポチャ状態、、、「今日の天気予報って、こうだったっけ」sign02
その上、船長ですら「南風なのに寒いな・・・」と言うほど、寒いsign04

そんな訳で、この先の写真は少ないです。

まずは、キス釣開始!
俗に言う「風と潮が喧嘩している状態」で、天秤を投げるのを避けて、胴付仕掛けで通しました。
「誘い」とか「当たりをとる」とか言う状況じゃないけど、とりあえず顔を見ました。Dscf2025今回は最大24cm、大半が17~20cmと良型でした。

小型ながらカレイもDscf2028

たまにはダブルも、、、Dscf2033_2

とりあえず、苦戦しながらもキス釣りは、31匹で終了scissors
無事にアナゴに切換えのタイミングで、吉例ですdeliciousDscf2035もう下半身ガタガタでしたが、、、、

「アナゴは陽が沈んだら本番だからね、、、」と船長のアドバイスimpact
横浜のビル街に陽が暮れていきますDscf2040それでも強風は治まらず、、、、水平位置の写真になりませんtyphoon

こんな状態なので、小突きもまともにできる状態でなく、ゼロテンションで当たりを待つだけ、、crying
なんとか、顔を見ました。

Dscf2046_2その後、2匹を追加しましたが、撮影前に裁かれちゃいましたhappy02

沖上がり時間近くになっても、海の調子は好転せず、、、、、
、、、船長の「少し早めに上がりましょう!」が天の声に聞こえましたlovely
21時過ぎに帰港、、、22時過ぎには帰宅できましたが、疲れた・・・Dscf2047Dscf2049

期待しての平日釣行でしたが、ちょっと天候に恵まれず・・・・
でも、楽しい時間を過ごしましたgood

«今年のアナゴは期待できる?